スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産院見学

目をつけていた産院で「Info-Abend」なるものがあることを知り、
試しに参加してみました。

日本では産院、割と早く決めて予約しないといけないらしいですね。
こちらは6週間前に予約を入れればOKです。
ということで、時間にはまだ余裕があるものの、
一度産院を見学したかったこともあり、出かけることにしました。

友達Yさんが選んだ産院。
もうそれだけで十分大丈夫な気もしますが(彼女のリサーチは凄いです)、
百聞は一見に如かずですしね。

6時スタートだったのですが、ちょっと遅れて会場入り。
先に集まっていた参加者は、みんなご主人同伴でした。
さすがドイツだと思いました。
15組ぐらいですか。みんなお腹がポッコリとした妊婦さん達ばかり。

あれ、私、ちょっと来るの早すぎた?

でも大丈夫。
最初スライドを交えながら、ドクターの説明がありました。
いろいろとしておきます。
でも、この日のポイント2つありました。

まず、PDA(無痛分娩)にするかどうかということ。

別紙ももらったけど、まだ読んでない・・・。言葉難しー。
PDAって、Periduralanästhesieらしいです。絶対言えない。
私、基本用語もまだうろ覚えですからね。
「Narkose=麻酔」とか、「Entbindung=分娩」とか。
そして、産婦人科で毎回聞かれる質問もまだ完全に理解してない・・・。
看護婦さん達のジェスチャーから、「たぶん「むくみ」のことだろう」とか勝手に理解。
ヤバイですよね。

PDAにするかどうかは、予約入れるまでには決めた方がいいらしいです。
でも、当日我慢できなくなったら、打ってはもらえるそうです。

それからもう1つは、ベッドの上か、バス(水中)かということ。

この産院では、水中出産する人が多いらしいです。楽だとか。
でも、水中だとそのPDAはできないみたいですね。

その話の後、2グループに分かれて、病院の中を見学させてもらいました。
外は暗くてよくわからなかったけど、中は清潔そして綺麗。
まあ、よさそう。スタッフも優しそうだし。

分娩室も見ました。
例のベッドの部屋とバスの部屋。
もう1つリラックスバスルームみたいなものがすぐ隣にあって、
陣痛をお風呂で和らげるというか、そうしたい人は使っていいそうです。
使う人いるんですかね?

私は無痛分娩にしようかなとは考えていましたが、
ここに来て「水中」という選択肢が!

去年8月に腰を痛めてから、まだちょっと痛いんですよね。
だったら、水中の方がいい?
素人考えで、腰にかかる負担が軽そうじゃないですか?

Mは自分が産むんじゃないから、何も言わないと。
でも、なるべく薬に頼らない方がいいと自分は思うと。
(でも、すっごい痛かったら仕方ないしねって)

一理あり。

無痛分娩って・・・参加者のみんなもリスクを聞いていたけど、
ドクター側は「まあ、頭痛が起きるかもしれない」と説明していました。

今まで読んだり聞いたりした話では、その麻酔が痛いだとか、
人によって効き方が違うだとか。

妹曰く、

「日本では自然分娩に耐えてこそ、母親の有り難みがわかるみたいな風潮があるが、
あれはおかしい!」

自然分娩の方が後々子供を大切にするという考え方もおかしいですよね。
関係ないと思う。
できるだけ痛くないに越したことはないし。

おおお・・・今の私には全く想像ができません。
もう少し考えてみます。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://hanssler.blog12.fc2.com/tb.php/68-46243e6e

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

hanssler

Author:hanssler



Y:香川県出身。日本語教師。只今ドイツ語勉強中。干支:午。
M:南ドイツBodensee近くのTafern出身。JAEC(国際農業者交流協会)の研修で1年間日本(香川県)に滞在。弓道3段。干支:巳。

2013年4月、ドイツのWolfsburgはFallerslebenに引っ越しました!3年間の期間限定ですが。

Mの実家はFerienwohnung
(ゲストハウス)をしています。
こちらもよろしく!
http://www.ferienhof-hanssler.de/

Wetter Wolfsburg
© meteo24.de


Wetter Takamatsu
© meteo24.de


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村    

 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。