スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスツリー

ドイツでクリスマスは一大イベント。
キリスト教国ですから。
伝統もあれば、ちゃんと意味もある。

昨日はvierte Adventでした。と言うのは・・・
ドイツでは、12月25日の前の4週間をAdventszeit(待降節)と呼び、
クリスマスの準備を(いろいろ。省略でゴメンなさい!)始める訳ですが、
そうすると、クリスマスまでに日曜日が4回訪れます。
昨日はその最後4回目の日曜日Adventでした。
いよいよという感じですね~。

この辺りでみんながすること。

それは、クリスマスツリーを買う!

Mの同僚Sの実家はクリスマスツリーを売っています。って、プラスティックじゃないですよ。
本物のもみの木です!
私達はクリスマス、実家に帰るので、木は要らないのですが、
振舞われるグリューワイン(ホットワイン)をお目当てに・・・
いやいや、挨拶に出かけました。

「ちょっと散歩ね」と言って、車を止めて歩き出したはいいものの、この雪。もちろん激寒です。
Yuko_convert_20101221043554.jpg
そして、歩いていると車が来るわ来るわ。
いつもほとんど車を見ることないんですけど。
みんなクリスマスツリーのお客さんと思われます。

たどり着いてみると、この盛況ぶり。
IMGP0265_convert_20101221043723.jpg
みんなお気入りの1本を見つけたようですね。

ここのシステムはこうです。

もみの木畑?(この日の為に育てています)から自分の気に入ったものを見つけて、
根元を切ってもらいます。
そして、このラッパのような形をした機械?に通すと、網に入ると。
IMGP0304_convert_20101221043825.jpg
うまいこと考えましたね。確かに、そのままじゃ持って帰るの大変です。
でも、大きいのは大変です。大人3人がかり。
引っ張る。引っ張る。

ちなみに、お値段ですが、大きさで変わるそうですが、
25ユーロから40ユーロぐらいするそうです(都会に行くともっと高いらしい)。

これを家に持って帰って飾りつけするんですよね~。

私も初めてドイツへ来た時、Mの実家で体験しました。
「本物のもみの木だ~」と当初は感動したものです。
キャンドルなんかも飾りつけできるんですよ。
そして、このもみの木の下にプレゼントを置いておき、食事の後にみんなで開けるんです。
楽しー。

しばらくは楽しく見学していましたが、あまりの寒さに限界です。

「Frohe Weihnachten!いいクリスマスをね」と挨拶して、お家直行です。

クリスマス、楽しみです(Mの実家へ帰ります)。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://hanssler.blog12.fc2.com/tb.php/56-a264d56b

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

hanssler

Author:hanssler



Y:香川県出身。日本語教師。只今ドイツ語勉強中。干支:午。
M:南ドイツBodensee近くのTafern出身。JAEC(国際農業者交流協会)の研修で1年間日本(香川県)に滞在。弓道3段。干支:巳。

2013年4月、ドイツのWolfsburgはFallerslebenに引っ越しました!3年間の期間限定ですが。

Mの実家はFerienwohnung
(ゲストハウス)をしています。
こちらもよろしく!
http://www.ferienhof-hanssler.de/

Wetter Wolfsburg
© meteo24.de


Wetter Takamatsu
© meteo24.de


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村    

 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。