スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産院の様子

もう1ヶ月過ぎてしまって今更ですが、せっかく写真もあるし、興味のある方へ。

これが私が15時間格闘した分娩室です!
3.jpg
普通のベッド?って感じでしょう?って、本当に普通のベッドです。

分娩の時、左足は麻酔で感覚がなく、だらんとベッドの上に。右足は助産婦さんの肩の上でした。
手はMを握ったり枕を握ったりしていました。欲を言えば、踏ん張るための何かが欲しかった。掴んだり、蹴ったりするところ。

そして、これが病室。2人部屋でした。
Zimmer.jpg
子供は移動式のケース?に入れられてすぐ側に。夜も一緒です。

日本では新生児室があって、母親と子供は基本的に別々に寝ると思います。ドイツもそういう病院、あるそうですが、ここは違いました。だ・か・ら、トラブルもありましたよー!

マックスは黄疸がひどく、一日中光線治療を受けていたのですが、それもこの病室の中。同室になった人が私に文句を言ってきました!

「これ、いつまでやるの?私、帝王切開で昨日全然寝てなくて、今日は絶対寝たいの。私のベイビーも寝なきゃいけないのに!」

ってな感じで。

確かに、あの青い光は夜眩しいし、ゴーっと音もするわけですが、私にどうしろと?だったら、あなた、最初から一人部屋を用意しなさいよ!と思いましたが、向こうの勢いに負けてしまいました。

こういうトラブルを避ける為に日本では母子別々に寝るのかな・・・と思いましたね。でもM曰く「赤ちゃんと子供はできるだけ一緒にいた方がいい」と。それも一理あるけど・・・。

どうなんでしょうね。








スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://hanssler.blog12.fc2.com/tb.php/112-00cf0a9f

Comment

あゆむママ | URL | 2011.08.25 14:09
私の病院も、母子一緒でしたよ~
(普通の子は、検査&お風呂待ちの時だけ、新生児室と言う感じ)

ただ、黄疸が出てからは、新生児室の水槽みたいな中でした。。
2日目には、部屋でも使える、片面タイプまで数値が下がって一緒の部屋で過ごしましたよ!
雅ママ | URL | 2011.08.29 13:31 | Edit
うちも母子同室でしたよ~。
私は帝王切開だったので、起き上がれるようになるまで新生児室に預かってもらっていましたが。
そして、うちも黄疸が出て光線治療しましたが、それはさすがに違う部屋でやってましたねー。

しかし同室のお母さんに意見するなんて・・・日本だと絶対看護婦さんに言いますよね^^;
おつかれさまでしたー。
Comment Form
公開設定

プロフィール

hanssler

Author:hanssler



Y:香川県出身。日本語教師。只今ドイツ語勉強中。干支:午。
M:南ドイツBodensee近くのTafern出身。JAEC(国際農業者交流協会)の研修で1年間日本(香川県)に滞在。弓道3段。干支:巳。

2013年4月、ドイツのWolfsburgはFallerslebenに引っ越しました!3年間の期間限定ですが。

Mの実家はFerienwohnung
(ゲストハウス)をしています。
こちらもよろしく!
http://www.ferienhof-hanssler.de/

Wetter Wolfsburg
© meteo24.de


Wetter Takamatsu
© meteo24.de


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村    

 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。