スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VHS(市民大学)日本語コース終了~

終わりましたー。←これもまた4月の話ですけど。

途中経過全く書きませんでしたが、何とか終わりました。

お試しということで10回(×90分)だったし、開始当時いい教材も見つからなくて、結局テキストなしで始めた今回のコース。カリキュラム、毎回の教案作り、苦労しました。何をどう10回に詰めるか。文法項目ならまだしも、単語レベルで見ると、ずいぶん落としてしまったように思います。それから、あまり重要でもない項目に時間を費やしていたり、説明がイマイチだったり・・・。ドイツでクラスレッスンをするのはこれが初めて。しかも、ほぼ全員が初めて日本語に触れる人達ばかりです。初級を独自にやるのって難しいですねー。以前のように「こうして下さい」と指示があれば、それに従うのに。窮屈なこともあったけど、今更だけど「楽だったなあ」と思います。国が変わると躓くところもいろいろで。「そこ?」みたいなところもあったけど、まあ何とか8人生き残りました。でも、最終回は日本人のゲスト2人を加えて、自己紹介の練習や、ロールプレイなんかもできて良かったです。

その生き残り8人からは、全員次のコースに進みたいと希望がありました。次が秋になるので、疑わしいですが、そう言ってもらえるだけで幸せです。学生さんのHさんからは

「ずっと日本語を勉強してみたかった。この年になって願いが叶うなんて!今は仕事より、日本語を勉強している時間と孫を世話している時間が何よりの幸せ」

と言われました。WさんとBさんからは

「秋コースまで待つと全部忘れてしまうから、今すぐ続けたい」

とのリクエストがあり、自宅でレッスンすることに。実は昨日、自宅レッスン2回目でした。やる気満々だったWさんが来なくて、Aさんが来ているのですが・・・ま、まあ、3人で楽しくやってます。自宅だからこそ、インターネットもあるので、この間学んだ国際交流基金の「エリン」即行利用させて頂いてます。それから、久しぶりに抹茶カステラを焼いたりして。抹茶を見せたりと、文化紹介的なこともやりやすいので助かります。

VHS、秋コースは本当に開講するのかなあ?コーディネーターの人がこれまた適当でちょっと心配なのですが(スケジュールを作って来ると言いながら結局作らなかったし、教室を開けるの忘れたり、鍵閉めに来なくて、翌日、鍵持ってるか?とか言うし・・・)、またあの笑い声が聞けるといいな。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://hanssler.blog12.fc2.com/tb.php/105-c960ab5c

Comment

雅ママ | URL | 2011.05.07 13:09 | Edit
すごいー!!!
お疲れ様でした!
孫の世話と同じくらい日本語の授業が楽しいなんて、先生冥利に尽きますね。

生き残り8人がペラペラと日本語を話す日がきますように(笑)!
みさと | URL | 2011.08.07 11:10
はじめまして!「Volkshochschule 日本語教師」からやってきたみさとと申します。以前ハンブルクに1年間留学していて、今度は日本語教師として戻ろうかと画策している最中なのですが・・・

VHSの場合、修士博士などの資格は必要になるのでしょうか。中高等教育機関では、それらの資格+ドイツでも免許をとることが必要なようですが、VHSでは日本語教師の資格があれば教えられるのでしょうか。
hanssler | URL | 2011.08.07 22:47
> はじめまして!「Volkshochschule 日本語教師」からやってきたみさとと申します。以前ハンブルクに1年間留学していて、今度は日本語教師として戻ろうかと画策している最中なのですが・・・
>
> VHSの場合、修士博士などの資格は必要になるのでしょうか。中高等教育機関では、それらの資格+ドイツでも免許をとることが必要なようですが、VHSでは日本語教師の資格があれば教えられるのでしょうか。

博士号なんて!大学で教えるならともかく、VHSでは必要ないですよ。全く何も資格がない人も教えていますよ。でももちろん、VHSによると思います。コーディネーターの人がOKだったらOKなんじゃないですか。私の場合、一応履歴書は提出しましたが(420時間修了と修士号)、コーディネーターの人とは顔見知りだったので。日本よりも事務は適当な気がします(笑)。

中等教育機関、私も夢ですが、なかなか難しいようですね。まず日本語を取り入れている学校が少ないと思うし。資格についてはよく知りませんが、知り合い(彼女がどんな資格を持っているかは知りませんが、大学での専攻はドイツ語だったとか)が、「あなた、教育学?を履修していないじゃないですか」ということで、今まで教えていたにもかかわらず(ギムナジウムで)、いきなり断られたそうです。でも、これも学校によると思います。

大きな町では、日本語を学習したい人も多く、クラスも多くて、それなりの収入になると思いますが、田舎では開講すら難しく、開講しても1クラス。しかも週に1回。正直お金にはなりません(時給は確かどこも18ユーロ程度だったような・・・)。しかも、ビザの問題もあるだろうし。それに、先にされている方がいるので、自分で開拓していくのは至難だと。日本語教師で生活するのは難しいかもしれませんね。ドイツ語がお上手なら、日系企業で働いた方が・・・。っと、余計なお世話ですよね。すみません。

でも、ぜひ諦めずにがんばってください!簡単に思われがちなこの職業。結構大変なんですけど、楽しいですよ。

ではでは!
Comment Form
公開設定

プロフィール

hanssler

Author:hanssler



Y:香川県出身。日本語教師。只今ドイツ語勉強中。干支:午。
M:南ドイツBodensee近くのTafern出身。JAEC(国際農業者交流協会)の研修で1年間日本(香川県)に滞在。弓道3段。干支:巳。

2013年4月、ドイツのWolfsburgはFallerslebenに引っ越しました!3年間の期間限定ですが。

Mの実家はFerienwohnung
(ゲストハウス)をしています。
こちらもよろしく!
http://www.ferienhof-hanssler.de/

Wetter Wolfsburg
© meteo24.de


Wetter Takamatsu
© meteo24.de


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村    

 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。