スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿さんを・・・

はねました。Mが。私は後部座席にいました。でも、これ、絶対不可抗力です!

昨夜のこと。

BSで某日本人会忘年会からの帰途の道でした。夜10時半ぐらいでしょうか。私が仕事に行く時通る道。いつもMに「鹿に気をつけてね!」と注意されていたので・・・

Y「ねえ、この時間帯だったら、鹿は出てこないの?」
M「鹿は昼行性の動物だから、この時間は寝てるよ」
Y「ふ~ん」
M「でも、狐や雄鹿には気をつけないと」
Y「ふ~ん」

と言ってた矢先のことでした。左折して、長~い1本道に入ったとたん・・・

ドン!

Mは全く見えなかったそうです。私は見えたけど、「あっ!」と思った瞬間にはもう当たってた。

ピーピーピー。引き返してみましたが、やっぱり即死状態でした。ごめんなさい、鹿さん。でも、なぜにわざわざ飛び込んで来るかな・・・。

私達の車は、まあ大丈夫だったものの、ナンバープレートがはるか先に飛んでました。

で、Mが携帯電話を取り出し警察に連絡・・・って、鹿をはねたら警察に届けないといけないのー!?

ドイツではこういう時、猟師か警察に連絡するそうです。近くの猟師を知らないので、警察に電話。警察が猟師に連絡して、数分後おじさんがやって来ました。

お「あ~鹿だね。死んでるね」

とりあえず、鹿が死んでいることだけを確認して、撤収。後日またMが出向くことになりました。車直す時に保険会社に提出する書類をもらうそうです。

いやはや。とんだハプニング。こんな遅い時間帯にも飛び出してくる時があるんですね(寝てるんじゃなかったの!)。侮るなかれ。鹿は今まで3回ぐらいはねそうになったものの、何とか逃れたのに、とうとうやってしまいました。可愛そうだけど、ホント不可抗力です。ごめんなさい、鹿さん。






スポンサーサイト

ニコラウス

が家に来た!って、パパなんですけど(笑)。
IMGP8836_convert_20111210012529.jpg
今日は近所のパパさん達が聖ニコラウスに扮して、町中の子供達にプレゼンを配っています。プレゼントは昨日親達が持って来たもの。50個以上あるそうですよ。手分けして配るそうです。

この聖ニコラウス、最初聞いた時は「閻魔?(四国出身なので「なまはげ」だとは思わなかった!)」と思いました。と言うのは、子供達にその年良い子だったかどうかを問いただし、良い子だけにプレゼントを渡すということになっているそうです。Mは前に確か「ニコラウスは大きなノートを持っていて、そこに子供達の行動が記録されている」ってなことを言っていましたが、ウィキペディアを読んだら、

「現在、ドイツでは聖ニコラウスは「シャープ」と「クランプス」と呼ばれる二人の怪人を連れて街を練り歩き、良い子にはプレゼントをくれるが、悪い子にはクランプス共に命じてお仕置きをさせる。」

とありますね・・・。2人の怪人のことは知らなかったなあ。ちなみにドイツでは、24日の夜プレゼントを届けてくれるのはサンタクロースではなく、「クリストキント」という天使の格好をした「幼子イエス」です。

パパは学生時代、やはりニコラウスを頼まれてやったそうなのですが、家があまりにも暖かかったので、途中で服を脱いだところ、それを子供に目撃され、ショックを与えてしまったという苦い過去が・・・。今度はちゃんと成功させてほしいものです。うちのマックスは、もちろん「誰?何?」と硬直状態。パパって分からなかったかな?早く大きくなって、喜ぶ姿を見たいものですね。

プロフィール

hanssler

Author:hanssler



Y:香川県出身。日本語教師。只今ドイツ語勉強中。干支:午。
M:南ドイツBodensee近くのTafern出身。JAEC(国際農業者交流協会)の研修で1年間日本(香川県)に滞在。弓道3段。干支:巳。

2013年4月、ドイツのWolfsburgはFallerslebenに引っ越しました!3年間の期間限定ですが。

Mの実家はFerienwohnung
(ゲストハウス)をしています。
こちらもよろしく!
http://www.ferienhof-hanssler.de/

Wetter Wolfsburg
© meteo24.de


Wetter Takamatsu
© meteo24.de


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村    

 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。