スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

U3

早いもので、マックスが生まれてもう1ヶ月以上が経ちました。

そして、初めての定期健診。ギリギリのU3。と言うのは、ドイツでは・・・

U2 生後3日~10日
U3 生後4週間~6週間
U4 生後3ヶ月~4ヶ月
U5 生後6ヶ月~7ヶ月
U6 生後10ヶ月~12ヶ月
U7 生後21ヶ月~24ヶ月
U8 生後43ヶ月~48ヶ月
U9 生後60ヶ月~64ヶ月

という風に、定期健診を行うようになっています。マックスはU3の最終日にギリギリ病院へ駆け込みました。どこの小児科医にするかもテーマだったのですが、結局(評判がまあまあよくて)「一番近いところ」になりました。

一通りのチェックを受けたマックス。身長56センチ。体重4980グラム。標準です。

そしておかげさまで、他に何も問題ありませんでした。

気になっていた顔と体に現れた吹き出物は、心配いらないとお医者さんから説明が。どうやら、妊娠していた時の私のホルモンと、今のホルモンが違っているらしく、それが授乳を通してマックスの体に入り、マックスの肌がそれに反応しているのだと。顔、結構ザラザラなんですよ。赤ちゃんのスベスベ肌はいずこ・・・。

ビタミンKを処方されました。それから、ビタミンDを飲むようにも指導されました。日本でも飲むのかな?スプーンに水をのせ、その中にタブレットを置き、溶かして、口の中に流し込む。これを1日1回授乳の前にだそうです。

そして、これから大きなテーマとなるのが、予防接種。ドイツでは親の任意です。日本同様生後3ヶ月からですが、どうしよっか・・・。もちろんお医者さんにも相談しましたが、まだ答えは出ていません。Mの友達には、完全に予防接種を拒否しているママも。もう少し検討してみます。

でも、今のところ至って元気なマックスです。夜は5、6時間。場合によっては7時間も寝ます。さすがはわが子。最近ご機嫌の時は「アウアウアウ~」って言ってます。これからも、すくすく育ってね。
IMGP6750_convert_20110823215822.jpg

スポンサーサイト

休暇らしい休暇

8月5日~14日、初孫の顔を見せに、Mの実家へ帰省しました。

マックスはじいじとばあばを始め、いろいろな人に可愛がってもらいましたよ。

Mパパ従兄弟の集まりもあり、さらに親戚が!Mと同姓同名のはとこも登場。それに、結果的に私とMを結びつけることになったLおばさんにも会うことができてよかったです。

※MはLおばさんが日本のS大学でドイツ語を教えていた時、おばさんを頼って2回来日。その結果、日本が好きになり、JAECの研修を利用し、1年間香川に滞在。

で、天気も良かったので、久しぶりにボーデン湖へ出かけて来ました。
IMGP6830_convert_20110823211104.jpg
Friedrichshafen(フリードリスハーフェン)という町です。フェルディナント・フォン・ツェッペリンによる飛行船開発の地として知られています。飛行船、飛んでましたよ!初めて見た。それにしても、水はいいですね。住んでるところは森ばっかなんで・・・。散歩がとっても気持ちよかったです。

それから、オーストリアはチロル州にも出かけて来ました。「チロルチョコ」のチロルです。
IMGP6891_convert_20110823211205.jpg
爽やか。ヨーロッパの高原のイメージそのまま。こんな山は新鮮です。空気もきれい。
IMGP6883_convert_20110823212522.jpg
川の色にもビックリです。大きなゴムボートで川下りしている人達も見かけました。楽しそう。去年、四万十川で遊んだことを思い出しました。でも、この川は水が冷たい!でも、見ているだけでも気持ちいいです。

と、こんな感じで、久しぶりに休暇らしい休暇を過ごして来ました。


産院の様子

もう1ヶ月過ぎてしまって今更ですが、せっかく写真もあるし、興味のある方へ。

これが私が15時間格闘した分娩室です!
3.jpg
普通のベッド?って感じでしょう?って、本当に普通のベッドです。

分娩の時、左足は麻酔で感覚がなく、だらんとベッドの上に。右足は助産婦さんの肩の上でした。
手はMを握ったり枕を握ったりしていました。欲を言えば、踏ん張るための何かが欲しかった。掴んだり、蹴ったりするところ。

そして、これが病室。2人部屋でした。
Zimmer.jpg
子供は移動式のケース?に入れられてすぐ側に。夜も一緒です。

日本では新生児室があって、母親と子供は基本的に別々に寝ると思います。ドイツもそういう病院、あるそうですが、ここは違いました。だ・か・ら、トラブルもありましたよー!

マックスは黄疸がひどく、一日中光線治療を受けていたのですが、それもこの病室の中。同室になった人が私に文句を言ってきました!

「これ、いつまでやるの?私、帝王切開で昨日全然寝てなくて、今日は絶対寝たいの。私のベイビーも寝なきゃいけないのに!」

ってな感じで。

確かに、あの青い光は夜眩しいし、ゴーっと音もするわけですが、私にどうしろと?だったら、あなた、最初から一人部屋を用意しなさいよ!と思いましたが、向こうの勢いに負けてしまいました。

こういうトラブルを避ける為に日本では母子別々に寝るのかな・・・と思いましたね。でもM曰く「赤ちゃんと子供はできるだけ一緒にいた方がいい」と。それも一理あるけど・・・。

どうなんでしょうね。








プロフィール

hanssler

Author:hanssler



Y:香川県出身。日本語教師。只今ドイツ語勉強中。干支:午。
M:南ドイツBodensee近くのTafern出身。JAEC(国際農業者交流協会)の研修で1年間日本(香川県)に滞在。弓道3段。干支:巳。

2013年4月、ドイツのWolfsburgはFallerslebenに引っ越しました!3年間の期間限定ですが。

Mの実家はFerienwohnung
(ゲストハウス)をしています。
こちらもよろしく!
http://www.ferienhof-hanssler.de/

Wetter Wolfsburg
© meteo24.de


Wetter Takamatsu
© meteo24.de


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村    

 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。