スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Schützenfest(シュッツェンフェスト)射撃祭

またまたブログがご無沙汰に!これと言って何をしているわけでもなにのに・・・。ただただ日々の生活に追われています・・・。

それはともかく、じゃあ、一番ホットな話題で。

M、今いません。飲みに行きました(笑)。

町のSchützenfest(シュッツェンフェスト)射撃祭なんです。私も最初よく理解できていませんでした。家の外壁に飾られた小さな穴がたくさん空いた動物の絵入りの的。軍隊のようなユニフォーム姿の人達。公園に簡易設置される小型遊園地。全部この射撃祭だったんですよね。

ドイツでは、この時期Schützenfest(シュッツェンフェスト)射撃祭というのが各地で行われます。大きな町では、空き地に突如遊園地が現れます。うちのような小さな町では、村の祭り感覚で、おそろいのユニフォームを着た人達が町の中を鼓笛隊の演奏に合わせてパレードしたり、Schützenplatz(シュッツェンプラッツ)と呼ばれる空き地にテント建てて、食べて踊って飲む!みたいなことを楽しみます。あっ、その前に本当に射撃をするらしく、それで今年の王様とお后様を決めるのかな?順番に回ってくるのかな?とにかく、王様とお后様を選出します。昔は本当に村の自衛集団の様な役割だったと聞きましたが、今は飲めや歌えやの宴ですよね。

私、昨日金曜日、突如仲間に入れられてしまいました(苦笑)。一緒に行進したし。こんな「左右左右」って行進したのは何年ぶり!?
tuelau.jpg
tuelau2.jpg
スーツを着込んだ「ザ・おじいちゃんズ」の合唱隊が歌を披露。あまりに上手でビックリしました。ドイツ人、とにかくみんな歌大好きですよね。いつも思うけど、歌、音楽と共にあるって感じ。

この宴、うちの町では木曜日から日曜まで。今もここまで音楽聞こえてきます。生バンド入ってますから。この時間帯はとにかく飲む飲む飲む!でしょうね。飲む量スゴイですよ~。昨日は行進してる時からすでに酔っ払ってましたからね、一部。

でも、町の人が大人も子供もこうやって集まるのって、いいですよね。

さあ、Mは何時に帰ってくるでしょうか。明日も弓道のトレーニングなんですけど。


スポンサーサイト

兜も

兜もあるんです。ミニ兜なんですけど。ようやく飾れた。
Tenugui+Kabuto+klein_convert_20120422051633.jpg
Kabuto-klein.jpg
横に置いてある鏃(やじり)、Mの友達に作ってもらったものです。パパMは、マックスの為に只今破魔弓と破魔矢を作製中。できあがったら、また報告しま~す。

鯉のぼり

IMGP0977_convert_20120419233041.jpg
自宅ベランダです。

一昨日やっと届いて、即行設置しました。今日やっと風がいい感じに吹いて。しかも晴れてるし。ここぞとばかりに記念撮影。元気に泳いでます。わ~い、嬉しいなあ。

IMGP1006_convert_20120420001902.jpg

復興太鼓

宮城県石巻市立雄勝中学校の生徒さん達が3月16日から21日まで訪独、ドイツはニーダーザクセン州の各地で復興太鼓の演奏をしてくれました。Wolfsburgでは18日。私達も行って来ました。

もともとこの地域は「伊達の黒船太鼓」というのが有名だそうです。でも、和太鼓も津波で流されてしまったため、車の廃タイヤに透明なテープを張った手作り太鼓です。タイヤとは思えないほど、太鼓に似た音でしたよ!大きいタイヤ、小さいタイヤでも音が違うんですね。本格的でビックリしました。

校長先生から「震災で学校は全壊、生徒のほとんどが家を流され、中には家族を失った子もいる。家は間借り(仮設住宅)、持ち物も全て寄付された物で、「自分の物」というのがこの太鼓しかない。だから、このタイヤの太鼓は特別なんです」という話を聞きました。ある日突然全てを失う・・・。その喪失感、想像し難いですよね・・・。

IMGP0409_convert_20120322191939.jpg

演奏ももちろん素晴らしかったです。本当によく揃っていると言うか、みんなが一心になっているのを感じました。太鼓って、私、その音とリズム大好きなのですが、この子達、その楽しさと同時に怒りや悲しみも太鼓に向かってぶつけられたんじゃないかなあ・・・よかったなあ・・・と思いました。

IMGP0481_convert_20120322201734.jpg

演奏後に地元クラブで活躍する長谷部選手と一緒に写真を撮る生徒さん達。なぜかマックスも一緒に。「可愛い~」と女の子達に連れて行かれました(笑)。

それから、19日と20日はホームステイ。私達も男の子2人受け入れました。中学生と触れ合うのなんて何年ぶり?ちょっとドキドキ。うちはY君とK君。貴重なサッカー部の2人組です。2日間でしかもホント夕食しか一緒じゃなかったけど、いろいろ話ができてよかったです。緊張もしただろうし、ハードスケジュールで疲れていたと思います。でもMの料理を見て「すごい。レストランみたい」と言ってくれました。それから「今まで食べたドイツ料理の中で一番おいしい」って。よかったね、M(←相当喜んでいた)。「男の人が料理するなんてスゴイ」って感激してましたよ~。最終日は、私の日本語の学生達が来ていたので、さらに緊張させてしまったけど、アニメの話やお菓子の話で盛り上がっていました。そこは1人ついていけなかったM(笑)。

出会う前は、震災の話題に触れていいやら悪いやら、あとどうしても「被害者」のようなイメージが頭のどこかにあって、どう接したらいいのかなあ・・・なんて考えていたけど、みんな明るくてちょっとシャイな、いわゆる普通の中学生なんですね。もちろん、目には見えない心の傷は深いでしょうが・・・。長谷部選手も言及していたけど、理解しようとしてもできるものじゃない。震災であれ、病気であれ、何であれ、当人にしか分からない計り知れないもの、ありますよね・・・。

でも、この子達、しっかりしている気がする。ちゃんと夢もあるんですよー。語ってくれました。Y君とK君のキャラクターの違いがよく出ていた(笑)。私が14歳の時なんて、何を考えていたのやら。それを思うと、この子達は断然偉い!お土産まで準備して、ホント。頂いた雄勝石のコースターには、「風林火山」と「魂」という漢字が彫られていました。学校でちゃんと準備してきたんだあーと思うと可愛いのと、1人1人の個性が感じられて素敵だなと思いました。

おそろいのTシャツに刻まれていたように、たくましく生きて、またいつか再会できたらいいですね。個人的にこんな縁、繋がりができて嬉しいです。そして、雄勝がこの子達と共に、これからますます元気になりますように・・・。



カーニバル

念願のKarneval(カーニバル)に行ってきましたー!

ドイツに来て最初の年、南ドイツ出身の我が夫から「カーニバルはめっちゃ楽しい!大盛り上がりの一大イベント」的なイメージを植え付けられた割りには空振りをくらい(ある町でカーニバルがあると聞き行ったが、何もなかった)、「なーんだ。全然盛り上がってないじゃん!」と思って以来、頭の片隅に追いやられていましたが、去年Braunschweig出身のドイツ人から「ええー!まだ行ったことないの!?楽しいのに」と聞いてから、また興味が沸々と。確かにBSのカーニバルは、北ドイツで一番大きいカーニバルで、参加者6千人プラス見学者と町のHPにも出てる・・・。それにBSのカーニバル(パレード)は、伝統的にRosenmontag(薔薇の月曜日)の前の日曜日で、参観するのにもちょうどいい・・・。という訳で、お友達も誘って行って来ましたー!

ドイツ三大カーニバルのケルン、デュッセルドルフ、マインツは、薔薇の月曜日にパレードがある(私はTV中継で見た)。月曜日だから、みんな会社に病欠出してカーニバル出てたことが過去にちょっとした社会問題になったらしい(笑)。それからこの日は、飲酒運転で捕まる人も続出するとか。容易に想像がつくからうける(笑)。

楽しかったー。今まで「カーニバル」って、いまいちピンと来なかったけど、こういうことだったのね。仮装した人達のパレード行進。それにしてもこっちの人達、仮装似合うね。写真はフラミンゴの群れ。
Pelikan.jpg
そしてそして、山車からお菓子が降って来るー!久しぶりの棟上げみたいで興奮してしまいました。お菓子や食べ物だけじゃなくて、おもちゃや雑誌、DVDも飛んで来ましたよ(DVDかなり危ない)。そうそう、山車の上にいる子供!飴を投げつけるから痛かったし。お友達のベイビーA君当たって泣いちゃったし。

新しいことも学びました。カーニバルでは掛け声みたいなのがあって、みんな「Hellau!(ヘラウ!)」と叫びます。でも、地域によって違うみたい。Mの実家近くの町では、例えば「Narri!」と叫ぶと「Narro!」と返す。「Zockler!」→「Oha!」と言う町もあれば、「Wasser!」→「Spucker!」と言う町もあるそうです。

もともとカトリックの宗教的な行事だったみたいなんですが、今は「春の到来を喜ぶお祭り」になってます。南ドイツの方で、なまはげみたいなマスクの仮装の人達が箒を持っているのは、箒で冬を追い掃う意味があるそうです。ちょっと怖めのマスクも、冬の魔女に出会っても、魔女が驚いて逃げていくようにということらしいです。

お祭り好きなうちのMは、最初人が多いやら、駐車場ないやら、うるさかったのですが、カーニバルが始まるやのりのりで、いろんなグループの人達と打ち解けていました。いつも思うけど、その能力すごい。のりのりパパのせいで、マックスは顔にひげを書かれてしまいました。
IMGP9917_convert_20120223035248.jpg
帰る時も「Hellau!」とか言って、通行人にお菓子投げるし。信じられん。やめて。

でも、本当に楽しかったー。行ってよかったです。来年は私も仮装して行きたいなあ。
プロフィール

hanssler

Author:hanssler



Y:香川県出身。日本語教師。只今ドイツ語勉強中。干支:午。
M:南ドイツBodensee近くのTafern出身。JAEC(国際農業者交流協会)の研修で1年間日本(香川県)に滞在。弓道3段。干支:巳。

2013年4月、ドイツのWolfsburgはFallerslebenに引っ越しました!3年間の期間限定ですが。

Mの実家はFerienwohnung
(ゲストハウス)をしています。
こちらもよろしく!
http://www.ferienhof-hanssler.de/

Wetter Wolfsburg
© meteo24.de


Wetter Takamatsu
© meteo24.de


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村    

 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。