スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイカー

ついにマイカー購入!
IMGP4894.jpg
スコダのRoomsterです。チェコの車。今はVWグループの傘下。VW高いんですよー。スコダはVWよりも割安だけど、質はVWと同じくらい(らしい)。同じ部品使いまわしてる(らしい)からね。

これ、もちろん新車じゃないですよ。中古中古。でも3年もので、走行距離2万ちょっと。このWolfsburgという町は、さすがVWの本拠地だけあって、VWグループのいい中古車がたくさん出回っているそうです。と言うのも、ご主人がVW勤務。そうすると、車は会社からリースされる。で、奥さんがちょっと走る用にプライベートでまたVWを購入。そしてご主人が数年で車を取替えないといけないように、奥さん達もまた数年ですぐ車を乗り換えるケースが多々あるようです。

ちなみに、Mの車はVWじゃないけど、やっぱり会社からのリース。ガソリンも、保険も、税金も全部会社持ちです。プライベートで使ってもオッケー。こちらでは結構よくある話。そういうことなので、実質上これが初のマイカーかな。

マイカーって一長一短で、便利は便利。車がないとスーパーにも行けない所に住んでますから。そんな所に日本人がいるわけもなく、友達に会うのにもバスで1時間以上かかってたし。だけど、何と言っても、ガソリンが今超ー高い!ドイツのニュースでも過去最高値と言っておりましたが、リッター170円を超えて来てます。満タンにしたら68ユーロ(6800円ぐらい)と言われ、一瞬耳を疑った。買うのにも勇気が要りましたよー。Mが一括で払う!って言うから。「ローンだと結局高くなるし、値段の交渉ができない」とか最もなことを言ってね・・・。私はいきなり貯金が激減で悲しい・・・。でも、おかげでおまけに冬用のタイヤを付けてもらったんです。だから、まあ、よかったのかな(と思うようにしている)。

さてさて、それから余談ですが、ナンバープレートの「GF」は、この車を登録している管轄地区です。私のは「Gifhorn」という意味。まあ、日本の「香」=「香川県」みたいなものかな。これを見るとどこから来たかわかります。「YM1405」というのは、私達の結婚記念日~。10ユーロ20セント払って、この番号にしました。こだわらなければ、別に払う必要なしです。

せっかくの車。これから大いに活用して、行動範囲を広げるぞ~。

PS:左ハンドルミッション(こちらはオートマ車がほとんどない!)。もちろん右側走行。ようやく慣れて来ました。


スポンサーサイト

天気がいい日は

こちら最近天気がいいんです。30度近く上がったことも。

昨日はMが昼ご飯に帰って来た時、今日はそんなに忙しくない的な発言をしたので、じゃあ、アイスを食べに行こう!と提案。今年に入ってまだアイス食べてないんですよね。アイスはドイツのこの季節の風物詩。どこの町にも「Eis Caffe(アイスカフェ)」というのがあって、天気が良ければ外のテラス席に人がいっぱい。それはそれはすごい盛況ぶりなんです。

でも問題は車がない・・・。迎えに来てもらって、また行くのもいいけど・・・だったら歩いて行きます!と言うことになり、Mのオフィスまで6キロの道のりを歩くことにしました。車だと10分もかからない距離。なんとかなるだろと思っていたけど、甘かったですね。遠かったー。6キロ!もちろんベビーカー押しながらです。景色はいいんですけどね。今ぐんぐん伸びてる大麦や、遠くの黄色い菜の花畑を見るのは楽しい。でも、風が強くて・・・。ちょっと間違いましたね、私。

でも、なんとかアイスに到着~。
eisbecher.jpg
いつも思うけど、すごいボリューム。みんなよく全部食べられるよね。私はいつも小さいサイズにしてもらうも、完食できず。アイス自体はおいしいです。日本では味わえない味もあったりします。Waldmeister(車葉草)とかね。普通のコーンに1つ?1玉?盛ってもらったら、70セントです。100円以下。あっ、田舎だからかな。都市部はもう少し高いと思います。それにしても、アイスカフェって、イタリア人が経営してることが多くて、夏、ドイツでひたすら稼いで、冬、イタリアに帰るらしいです。Mのオフィスのある町のアイスカフェもそのパターン。陽気なイタリア人のおじさん。いかにもイタリア人です!って感じのアクセントのドイツ語でペラペラ喋ってる。

そしてそして、今日は5月1日Tag der Arbeit(メーデー)で祝日。だいたいこの日はどの町も広場にMaibaumという木を建てるという祭りがあるのですが、うちの町は昨日の夕方にやっちゃいました。

今日はこちらの独日協会のお花見。基本弓道仲間で集って、満喫して来ました。ホント天気がよくて。日差しが強いんですよ、ドイツ。マックス、この暑さ大丈夫かなと心配したけど、大丈夫でした。お外でご機嫌~。新たにお友達もできて、よかったね~。
IMGP1231_convert_20120502050256.jpg
私もいつものメンバー、それから久しぶりに会った人や、また新しく出会った人等とのおしゃべり楽しみました。

これからやっと外に出るのが苦じゃなくなるー。この季節をもっと楽しまなければ!


やった~!

長谷部選手と写真撮ってもらいましたー!
IMGP1150_convert_20120427030432.jpg
私、サッカー日本代表の長谷部選手が在籍するVfL WolfsburgのWolfsburg市(近郊)に住んでいるんです。アリーナまでは車で30分という距離。今までに町中で偶然出くわしたこともあるのですが、話しかける勇気もなく・・・。いつかいつかと思いながらもう4年目・・・。

最近みんなが練習を見に行って、サインもらったり、一緒に写真撮ってもらったりしているのを見て、「いいな~」って思ってたんですよね。そしてついに私にもお誘いがかかったので、行って来ることにしました。ありがとうMさん、Kさん!

今日の練習は午後4時から。HPでいつも公表されるみたいです。

サッカーのことは全然わからないけど、こっちに走って来られると、「おおー!来たー!!!」って感じで大興奮。
IMGP1140_convert_20120427031515.jpg
練習は、1時間半ぐらいで終了。出てくる長谷部選手を待ち構えます。ドキドキドキ。と、どこからともなく日本人の女の子2人組が先に突撃!長谷部選手を捕まえてくれました。そこにすかさず、「私も!」と持って来たマックスの鯉のぼりにサインしてもらいました。そして写真も。でも今思えば、マックスを抱っこして写真撮ってもらうんだったー。残念。いっぱいいっぱいでした。

これ、長谷部選手のサイン。よく見えないですよね・・・。白い部分にサインしてもらえばよかったのに、全く気が回らなかった。「ここでいいんですか?」って言われて、何も考えず「はい!」って言っちゃったよ。
IMGP1190_convert_20120427032555.jpg

「クール」だと聞いていた長谷部選手。でも、マックスを見てちょっとニコッ。「子供好き」の噂は本当らしい。引き止める勇気もなく、ホント一瞬で終わってしまいましたが、やっと念願叶ってよかったです。
IMGP1155_convert_20120427032606.jpg
IMGP1176_convert_20120427031515.jpg











ドイツ人の恋愛事情

ドイツ人の恋愛感、最初は自由だなーといい意味で賛同してたけど、今日のテレビドラマは???途中からしか見てないけど、???これでいいのか!?

ママが交通事故で亡くなって、Patentante(後継人)に引き取られる思春期真只中の娘(16歳ぐらい)。この後継人のおばさんと、この子のママは親友だったそう。なぜかパパは行方不明という設定。

で、とりあえず、おばさんに引き取られる。最初は反抗しまくりだったけど、だんだん蟠りが解けてくる。ここまで普通。

で、パパ見つかる。何年ぶりかの再会。以後当然パパと暮らすと思いきや、パパは寝耳に水状態。娘は次の日姿を消す。おばさんとパパは必死で探すものの見つからない。しかーし!なんと、おばさんちに出入りしていた男の子といつの間にかできていた(おばさんは馬牧場の主らしい。男の子は手伝いの子?)!で、彼の家にいることを突き止められるも、パパ、全く怒らない。むしろ、「好きな彼と一緒にいるのだから、何も言えない」みたいな。おばさんは半ば無言で帰る。

で、パパと娘は結局一緒に住むことになり、おばさんのもとを去る。おばさん、静かな日常を取り戻したいと怒り奮闘だったのが、やっぱりちょっと寂しい。2人を訪ねる。2人は引越しの真最中。パパのビジネスがうまくいってない?(アトリエ運営?)様子。

で、おばさんの提案。家の敷地内にある倉庫を改造して、アトリエにする。2人とも実は密かに惹かれあってたみたいで、ここでキス!しかも娘の目の前。娘は「私もそう思ってた!」と祝福ムード。アトリエ開く。めでたしめでたしみたいな。

もちろん、完全に聞き取れていませんが、自分の娘を悪く言えばほったらかし(おばさんも「あなた何も変わってないわね!」って怒ってたのに)、しかも元奥さんが亡くなっても引き取る気がなかったような男に惹かれるって・・・おかしい・・・。この思春期の女の子も、家出が見つかった時に、彼の服着てたんですよ。日本のドラマなら親に引っ叩かれてそうなものなのに・・・。

ドイツでは、Patchworkfamilieパッチワークファミリーというのが流行り?いや、多い?いや、普通みたいで、よく聞きます。要するに、再婚同士の家庭ってこと。連れ子付きでね。身近にもホントたくさんいるんですよ~。これが。

Mのおばさんの話はすごいです。

夫(Mのおじさん)と離婚。娘1人。最近彼氏ができた。彼も40代半ば。結婚はしていないものの、元彼女のお母さんにかなり気に入られ、同じ敷地内、別棟に未だ一緒に住んでいる。元彼女のお母さん、彼を本当の息子のように可愛がり、食事の世話までしていたらしい。Mのおばさん、そこに娘を連れて引越ししたらしいんですよ!!!しかも、この彼、元旦那の親友。どこか別の所に引っ越せばいいのに、ドイツ人って寛大・・・。

友達D。バツ1で子供2人(両方まだ10歳にならない)。最近再婚。子供ができた。みんな一緒にアパートで暮らしているらしい。子供達は積極的に子育てに参加。みんなハッピーだと言うから、他人が口出しすることじゃないけど、子供達、本当に大丈夫?

友達H。バツ3。今の奥さんは4人目らしい。子供がいっぱい。でもみんなもちろん腹違い。一番上の子は成人してるし、下の子は小学生くらい。奥さん同士も仲がいいらしく、一番上の子がいつも下の子達のベビーシッターしてる・・・。

友達W。40代半ば。改築中の家を一度訪問。あら素敵なお家。一緒にいる人はもちろん奥さんと思ってたら、ある日葉書が届く。「私達、結婚しました」って・・・夫婦じゃなかったのー!

こんな話は山のよう。

うちの旦那もすごいですよ~。別れた彼女の子供のPatenonkel(後継人)ですからね。私達、しょっちゅう元彼女の家に泊まっています。許せる私もおかしい?本音はちょっと複雑なんですけどね・・・。まあ、でも、今更どうこうなるわけでもないし・・・。

でもね、いつも思うのは、夫婦が喧嘩ばかりだと、子供にも絶対良くないですよね。なら、別れてストレスから開放された親の下に育つ方がいいのかな?でも、親が別のパートナーといるのを、本当に受け入れられるのかな?もちろん、子供によっても違うでしょう。でも、ドイツでは「みんなそうだから」って、「変」とは思わないかもしれませんね。これが「変」かどうかも分かりませんが・・・。むしろ健康的?

と、ちょっと複雑で自由なドイツ人の恋愛事情でした。

カボチャデコ

ハロウィンはドイツじゃそんなにメジャーではないけど(と思う)、カボチャの飾りはこの時期結構見られるかも。こちら通りすがりに発見したカボチャデコ。
IMGP8080_convert_20111103214415.jpg
IMGP8082_convert_20111103215500.jpg
IMGP8083_convert_20111103221246.jpg
IMGP8084_convert_20111103225545.jpg
ちなみに、こちらでカボチャは「Hokkaido」という名で売られています。なぜに北海道!?でも全然甘くないし、水っぽい。スープ専用って感じですね。天ぷら挑戦してみたけど、ダメだったよ。
プロフィール

hanssler

Author:hanssler



Y:香川県出身。日本語教師。只今ドイツ語勉強中。干支:午。
M:南ドイツBodensee近くのTafern出身。JAEC(国際農業者交流協会)の研修で1年間日本(香川県)に滞在。弓道3段。干支:巳。

2013年4月、ドイツのWolfsburgはFallerslebenに引っ越しました!3年間の期間限定ですが。

Mの実家はFerienwohnung
(ゲストハウス)をしています。
こちらもよろしく!
http://www.ferienhof-hanssler.de/

Wetter Wolfsburg
© meteo24.de


Wetter Takamatsu
© meteo24.de


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村    

 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。