スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VHS(市民大学)日本語コース終了~

終わりましたー。←これもまた4月の話ですけど。

途中経過全く書きませんでしたが、何とか終わりました。

お試しということで10回(×90分)だったし、開始当時いい教材も見つからなくて、結局テキストなしで始めた今回のコース。カリキュラム、毎回の教案作り、苦労しました。何をどう10回に詰めるか。文法項目ならまだしも、単語レベルで見ると、ずいぶん落としてしまったように思います。それから、あまり重要でもない項目に時間を費やしていたり、説明がイマイチだったり・・・。ドイツでクラスレッスンをするのはこれが初めて。しかも、ほぼ全員が初めて日本語に触れる人達ばかりです。初級を独自にやるのって難しいですねー。以前のように「こうして下さい」と指示があれば、それに従うのに。窮屈なこともあったけど、今更だけど「楽だったなあ」と思います。国が変わると躓くところもいろいろで。「そこ?」みたいなところもあったけど、まあ何とか8人生き残りました。でも、最終回は日本人のゲスト2人を加えて、自己紹介の練習や、ロールプレイなんかもできて良かったです。

その生き残り8人からは、全員次のコースに進みたいと希望がありました。次が秋になるので、疑わしいですが、そう言ってもらえるだけで幸せです。学生さんのHさんからは

「ずっと日本語を勉強してみたかった。この年になって願いが叶うなんて!今は仕事より、日本語を勉強している時間と孫を世話している時間が何よりの幸せ」

と言われました。WさんとBさんからは

「秋コースまで待つと全部忘れてしまうから、今すぐ続けたい」

とのリクエストがあり、自宅でレッスンすることに。実は昨日、自宅レッスン2回目でした。やる気満々だったWさんが来なくて、Aさんが来ているのですが・・・ま、まあ、3人で楽しくやってます。自宅だからこそ、インターネットもあるので、この間学んだ国際交流基金の「エリン」即行利用させて頂いてます。それから、久しぶりに抹茶カステラを焼いたりして。抹茶を見せたりと、文化紹介的なこともやりやすいので助かります。

VHS、秋コースは本当に開講するのかなあ?コーディネーターの人がこれまた適当でちょっと心配なのですが(スケジュールを作って来ると言いながら結局作らなかったし、教室を開けるの忘れたり、鍵閉めに来なくて、翌日、鍵持ってるか?とか言うし・・・)、またあの笑い声が聞けるといいな。
スポンサーサイト

ドイツVHS日本語教師の会

3月18日(金)~20日(日)
「ドイツVHS日本語教師の会」に初参加して来ました。

ドイツに来てからというもの、ドイツ語の勉強に忙しかったので(まずは生活)。
それから、結婚するまではビザの関係で働けなかったし。
それ以前に!田舎すぎて教える機関がなかった・・・と言うか、
どこに何があるのか分からなかった。2年も経つといろいろ学びます。
そして、いつの間にかネットワークができます。

そんな感じで、日本語教育の世界からはだいぶ遠ざかってしまいましたが、
また徐々に復活してきたこのタイミングで、Mさんからお誘いがあったので、
行ってみることにしました。

非会員なので、参加費は150ユーロ。
でも、3日間の宿泊代、食事代込みですよ。
いいですよね~。

ちなみに、年一の会だそうです。
会場はドルトムンドでした(毎回変わるようです)。

今回は震災の影響で、日本から渡独予定だった講師の先生がキャンセル。
大幅にプログラムが変更となりました(全6講義分が変更)。
「多様な学習者に対応できる授業展開力」というテーマ、楽しみにしていたのですが。
でも、国際交流基金ケルン日本文化会館の先生方が、代わりに
興味深い講義をして下さいました。

参加者にも数名キャンセルが出たそうなのですが、それでも30名以上いたのでは。
久しぶりに日本語教育の話ができて感動~。
他のVHSや学校の様子、対ドイツ人の教え方等々も聞けて、とても勉強になりました。

所変われば何とやら(しみじみ)。

3日間大興奮で、連日遅くまで話し込んでいたので、足が凄いことになりました。
みなさん気遣ってくれたのですが、「大丈夫です!」とか言ってついつい。
本当に大丈夫だと思っていたのですが、日曜日の夜は
押すと凹むぐらい足がむくんでしまいました。
私、妊婦なんですね。

でも、楽しかったんです。視野も何だか広がった感じ。
そうそう、新しい教材も入手しました。
ドイツ人に対応した教科書を全く持っていなかったので、助かりましたー。

と、本当に充実した週末で。

初めてMを置いて外泊(置いて行かれることは多々あるのですが)だったのですが、
ちょっと寂しかったみたいですね(笑)。
でも、おかげさまでリフレッシュさせてもらいました。

また来年も・・・行けるかな?

VHS(市民大学)で日本語を教える

ドイツにはVolkshochschule(市民大学)という生涯学習センターみたいな機関があって、
言語はもちろん、アート的なものや、コンピューター等等、
実にいろいろなことが誰でも安価に学べるようになっています。

一般市民層に学問的教養、知識を浸透させるという目的で、
地方自治体や職業組合が運営しているそうです。
ちなみに、1902年ベルリンの「赤の市庁舎」で開講されたのが初めだとか。

いや、十分拡充していると思いますよ。かなり小さな町にもありますから。
でも、ちゃんとした独自の校舎を持っているところもあれば、
地元の学校の校舎を借りて行っているところもあります。

驚いたのは、私はてっきりこのVHSがコースを選定して、先生を探すのだと思っていたら、
そうではなくて、「先生がいるから開講する」らしいです。
要するに、今回日本語コースが開講したのも、私がVHSに頼まれたのではなくて、
日本語コースを開講したいと自分から申し出たからです。
それで、じゃあ、広告?パンフレットに載せてみて、反応を待ちましょうということになり、
今回の開講に至りました。
ですから、VHSはコースもまちまちで、質も先生に因るところが大きくなります。

で、それはともかく、行ってきました。記念すべき第1回日本語講座。

久しぶりのクラスレッスン・・・って言っても9人だったんですけど、でも、緊張しました。

意外と仕事で日本に関係している人が多かったです。
あと、14歳の女の子やメキシコ人の人もいました。
嬉しいですよね。自分の国に感心を持ってもらうって。

教室が教室と言うか、ラウンジ?みたいな雰囲気の部屋だったせいか、
みなさん、質問多かったです。
90分授業で用意して行ったこと、半分ぐらいしかこなせませんでした。
まあ、昔のように特に決められたカリキュラムもないので、いいのですが(自由万歳)。

でも、みなさん基本的な日本語の知識と、楽しく!ということがご希望のようなので、
最後にはそれを達成できるように、満足してもらえるように、がんばります。




日本語を勉強したい人

いきなり余談ですが、前回なぜ「子ぎつねコンコン」になったかと言うと・・・

新しく日本語を教えることになったMさん。
彼は音楽の先生なのですが、ドイツ語を教える資格も持っているというので、
Tandem(交換授業?教え合いをすること)にしました。

彼は将来子供に読み聞かせができるようにと、
わざわざドイツの童謡と童話を教材に選んでくれました。
音楽教師だけあって、発音、めっちゃ直されます。でも、ありがたいこと。

で、彼が持ってきたのが「子ぎつねコンコン」・・・じゃないですよ。
他の童謡だったのですが、家でMと話をしていたら、他にもこんな童謡があると発展して、
それで発覚。という訳です。

で、本題。

私は現在、他にプライベートレッスンを1件と、グループ(4人)レッスンを1件持っています。

それにしても、日本語の需要、少ないです。

田舎なので、大学も語学学校もないし、VHS(市民大学)で日本語を開講しようとしても、
最低7人要ります。都市部でさえ、10人がやっとの現状です。
ここで7人集まるとはとても思えません(もし集まれば、2月から開講予定なのですが)。

キャリアと自信と度胸とドイツ語を兼ね備えていたならば、
小中高校に当たる学校教育機関や、企業に自ら売り込みに行くのですが
(この国ではそうします)、そこまではちょっと・・・。

週6日勤務で毎日違う学生達を教えていた、あの時代はどこへやら。

こんなに少ないと、やっていけません。
最近は転職を考えたりもしています。

ドイツで日本語を勉強する人、ほとんど趣味ですよ。

日本語教師友の為にちょっと紹介すると・・・

Fさん・・・日本企業で働いていた経験あり(日本へ出張も)。日本人と結婚。
Dさん・・・中?高?の語学選択で日本語を選択。それが切っ掛けで、今でも続けている。
Kさん夫妻・・・娘が日本に研修留学。
        今も日本で働いているので、日本によく行く。
        漢字好き。
Mさん・・・LUNA SEAファン

去年の暮れですか、ある女性から、ご主人がマンガファンなので、
クリスマスのプレゼントとして、日本語の授業をプレゼントしたいと相談を受けました。
こんなこと初めてですが、引き受けました。
日本語だけ(しかも1回きり)ではおもしろくないだろうと思って、
日本料理もセットのプランを提案しました。
1時間半日本語を教えて、それから奥さんもやって来て、一緒にお寿司を食べました。

こんな感じで、楽しく学習したい人が多いので、それに答えるのが結構大変です。

でも、できればもっと学生さん増やして行きたいです。

3月にVHS日本語教師の会に参加します。どんな会なんでしょうね。楽しみです!
プロフィール

hanssler

Author:hanssler



Y:香川県出身。日本語教師。只今ドイツ語勉強中。干支:午。
M:南ドイツBodensee近くのTafern出身。JAEC(国際農業者交流協会)の研修で1年間日本(香川県)に滞在。弓道3段。干支:巳。

2013年4月、ドイツのWolfsburgはFallerslebenに引っ越しました!3年間の期間限定ですが。

Mの実家はFerienwohnung
(ゲストハウス)をしています。
こちらもよろしく!
http://www.ferienhof-hanssler.de/

Wetter Wolfsburg
© meteo24.de


Wetter Takamatsu
© meteo24.de


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村    

 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。