スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップニュースが・・・

昨日Baden-Württemberg州(Mの出身州)の選挙がありました。

CDU(ドイツキリスト教民主同盟)39.0%
Grüne(緑の党)24.2%
SPD(ドイツ社会民主党)23.1%
FDP(自由民主党)5.3%
Linke(左翼党)2.8%

となったようです。

MそしてMの家族も驚きだったみたいですね(電話かかってきたし)。
結果的には相変わらずCDUが強いのですが、1党だけでは過半数を満たせず、
前回同様FDPと組んでも、Grüne&SPD組には届かず。

今回はたぶんGrüneから新しいMinisterpräsident(ドイツの各州政府の長=州首相)が
生まれるのではないかと言われています。
Ministerpräsidentは58年間CDUから選出されていたそうで、
みんなどうなるんだろうと期待?困惑?
日本が自民党から民主党に政権交代したような興奮でしょうか。

ちなみにCDU&FDPの敗退の背景として、原発の問題と「シュトゥットガルト21」という
都市開発計画の失敗が挙げられるそうです。
さらに、今回の日本の原発事故がGrüneには追い風になったに違いありません。

昨日今日は、このニュースがドイツではトップニュースです。

※CDU(Christlich-Demokratische Union Deutschlands)
ドイツキリスト教民主同盟
中道右派(穏健な右派・保守派)のキリスト教民主主義・保守政党。
女性としては初の首相であるアンゲル・メルケルが所属する党。シンボルカラーは黒。

※Grüne(Die Grüne)緑の党
環境政党。脱原発・風力発電の推進・二酸化炭素の削減など環境政策を進展。
シンボルカラーは緑。

※SPD(Sozialdemokratische Partei Deutschlands)ドイツ社会民主党
中道左派・社会民主主義政党。シンボルカラーは赤。

※FDP(Freie Demokratische Partei)自由民主党
中道(保守や革新のどちらにも偏らずに中性の立場をとる)・自由主義政党。
シンボルカラーは黄色。

※Linke(Die Linke)左翼党
その名の通り左翼政党。
スポンサーサイト

移民統合

最近ラジオ(うちにテレビはないのでね)でこの問題が頻繁に流れています。
結婚してドイツに暮らしている私も一種の移民。気になります。

10月3日に行われた東西ドイツ統一20周年記念式典で、ヴルフ大統領は、
「移民の統合」が今後の課題だと仰ったそうで。
現地紙の「ニュースダイジェスト」にその時の発言内容が紹介されていますが、
特に注目に値することはありません。ごく常識内。

「移民問題に関する議論は必要だが、移民や移民の背景を持つ人々が傷つ付けられるようなことがあってはならない」
「移民に対して偏見を持ったり、移民を排除しようとしてはならない」

ってね。
でも、Mによると、大統領がトルコ系とアラビア系の移民が多すぎる?もう要らない?
いやいや、そんな直に言うはずがありません。
でもまあ、そんなニュアンスのことを言ったのでしょう。問題になっていると。

そう言えば、以前トルコの首相が「ドイツにトルコ人高等中学校を!」と言った時も、
ラジオで頻繁に取り上げられてたなぁ。

ドイツは移民多いです。
私はこんな田舎町に住んでいますが、下の住人はレバノンからの移民です。
一族がこの町に住んでいます。

移民の問題・・・。
サクッと言うと、ドイツ社会にうまく適応できていないということです。
当然ですが、言葉ができない→仕事がない(許されない)→社会問題という構造になります。
下のレバノン人のおじいちゃん、おばあちゃんもドイツ語全くできません。
60代後半というところでしょうか。
でももう10年?それ以上?ドイツに住んでいるそうです。

先日おじいちゃんが外で大声で怒鳴っていました。
そして、ピンポーン、ピンポーンとうちのインターホンが。
何だ何だと思い下に行くと、お隣さんを指差しながら怒鳴り散らしています。
Mが「何か問題があったんですか?」「私に何かできることがありますか?」
と聞いてはみるものの、通じない(悲)。おじいちゃんはただただ大声で喚くだけ。
こりゃどうにもならんねと上に戻ったのですが、M曰く、たぶん明日がゴミの日なのに、
ゴミの入れ物がまだ外に出されていないからだろうと
(ゴミの日には収集車が来るので、ゴミを道際まで出します)。

私達は4世帯が同じゴミの入れ物を使っています。
今までゴミの世話してくれていた家族が引っ越してしまい、ゴミ出しの話が中ぶらりに。
仕方ないので、お隣の息子さんがボランティアでやってくれていました。

おじいちゃんはその息子がゴミの入れ物を出していないので怒り出したよう。

でも、おかしいのは、別に誰が担当かまだ決まっていないし、
しかも、一番ゴミを出すのは、そのおじいちゃんとおばあちゃん。
自分がするのが嫌なら、近所に住んでいるドイツ語のできる息子や孫に
話をつけてもらえばいいのに、そんな大声で騒がなくても・・・。
一体何事かと思いました。

というわけで、かなり小さな事件?でしたが、
こんな感じできっといろいろなところで「社会問題」になるんだろうなあと
ちょっと想像できた瞬間でした。

人権問題という点で繊細、背景にいろいろな課題があり、
しかも、いろいろと意見が別れはするが、どれにも一理あるという、
何とも難しい問題ですが、とにかく、私にできること・・・

言葉がんばります。


後日談

Y「大統領、トルコ行ってるけど、大丈夫なの?」
M「どうして?」
Y「だって、大統領の発言が問題になってるって言ってたじゃん」
M「そんなこと言ってない」
Y「ええー!言ってたよ!」
M「ああ、あれは大統領じゃなくて、バイエルン州の政治家」

ということです。





プロフィール

hanssler

Author:hanssler



Y:香川県出身。日本語教師。只今ドイツ語勉強中。干支:午。
M:南ドイツBodensee近くのTafern出身。JAEC(国際農業者交流協会)の研修で1年間日本(香川県)に滞在。弓道3段。干支:巳。

2013年4月、ドイツのWolfsburgはFallerslebenに引っ越しました!3年間の期間限定ですが。

Mの実家はFerienwohnung
(ゲストハウス)をしています。
こちらもよろしく!
http://www.ferienhof-hanssler.de/

Wetter Wolfsburg
© meteo24.de


Wetter Takamatsu
© meteo24.de


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村    

 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。